お問い合わせ業務提携メールアドレス変更・削除プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記 会社概要サイトマップ
メールマガジン(実践的プレゼンの『コツ』講座 No.023号)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                   
 ───────────────────────────────── 
    実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座 No.023号     
 ───────────────────────────────── 
 −プレゼンテーションとパワーポイントのコツを学べるメールマガジン− 
                                   
                          購読者数1048名  
                                   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今やビジネスマンにとって必要不可欠となった「プレゼンテーション」を成功
させるためには、多くの『コツ』があります。
 1.どのようにプレゼン資料を準備するのか?
 2.パワーポイント(PowerPoint)でどのように作成するのか?
 3.発表方法は?
筆者が10年の経験から学んだ、より実践的で、より最適なプレゼンテーション
方法を伝えるメールマガジンです。
なお、本メルマガの内容は、以下のサイトで書ききれない、より詳細なスキル
をお伝えするものです。全体像は以下のサイトをご覧下さい。
http://www.nakeru-p.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1.プレゼン資料準備の『コツ』 ・・・成功するプレゼンとは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<前回のまとめ>
「ライブドアが発表した”新球団構想計画骨子”から学ぶべき点、改善した方
がよいと思われる点について押しかけコンサルティングをします。」
という内容でした。

●ライブドアのプロ野球参入が実現できず残念でしたね。3回に分けてメルマ
ガで題材にさせていただいただけに是非、合格してもらいたかったです。敗因
は、ライブドアの財務状況ということなので、そうなのでしょう。

●このような残念な結果に終わりましたが、プレゼンテーションという切り口
から見ると、確かに楽天の方が良かったと私も思います。しかし、ライブドア
が完璧なプレゼン資料や施策を表明したとしても、やはり合格は難しかったの
ではないかと思うのです。

●ライブドアの場合は、話が大きすぎるので、もう少し私たちの日常業務にお
いて「如何にプレゼンテーションで成功するのか」、という点に焦点を絞りま
しょう。よく巷で「成功するプレゼンテーション」的な書籍が販売され、「こ
うすれば成功する!!」と書かれていますが、完璧なプレゼンをしたからと言
って良い結果がでるとは限らないということがよくあります。

●プレゼンテーションといってもその種類は様々です。
・事業方針説明
・ビジネスプラン
・プロジェクト説明 など

これらのプレゼンテーションを成功に導くために、何をすればよいのか?とい
うことですが、答えは

             ”周辺の人を巻き込む”

ということです。プレゼンテーション(=デリバリ)当日に勝負は決するのでは
なく「構想の時点からプレゼンテーションは開始している」と捉えるべきです。
デリバリは単なるイベント、お祭りです。

●例えば、会社の関係者に対して「事業方針説明」を行うなら、構想の段階か
らキーマンなどの関係者を巻き込み、意見をもらうのです。そして、これらの
人から意見を出してもらい、徐々に完成度を上げていけばいいのです。この時
点で、PowerPointで綺麗な資料など必要なく、テキストエディタやMS-Wordで
作成した程度のものでよいのです。

●そして「私案なので、これを叩き台として皆さんの意見を頂戴したい。」と
やればよいのです。「ビジネスプラン」や「プロジェクト説明」でも同様です。
こうすることでいくつかのメリットがでてきます。
1.自分が思いつかなかったような良いアイデアがでてくる
2.周辺の人の参加意識を持ってくれる
3.プレゼン後の業務が支障なく進む

●先の通り、プレゼンテーションというのは一つのお祭りみたいなものです。
そのため、イベントでいきなり施策を発表しても「聞いてないよ!!」と反発
心を生むだけです。なので、少しずつ周辺の人たちに参加してもらい施策を
”育む”のです。

●そうすることでプレゼン当日は、思い悩むことはありません。単なるイベン
トですから。それまで参加した多くの人が「おー、俺の意見が反映されとる!!」
と、むしろ喜んでくれるぐらいです。

●このように、プレゼンテーションを成功させるためには、単にパソコンの前
でPowerPointを駆使して美しい資料を完成させ、気持ちを前面に押し出したプ
レゼンを実施すれば成功できる訳ではなく、もっと泥臭い作業が必要なのです。

あ、でも私のサイトでもこんな泥臭い作業が必要ということは、書いていませ
んでした...
メルマガ読者の方は、得したと思ってお許してください。(汗)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.パワーポイント修得の『コツ』 ・・・・A3印刷って可能?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<No.19のまとめ>
「配色に何色を用いればいいのか?というポイントは、1.企業カラーを考える、
2.テーマから配色を考える、3.青(Blue)を基本色と考える、4.配色に統一感
(同系色)を持たせる、5.配色に意味を持たせる。」
という内容でした。

●最近、「プレゼン内容を1枚でまとめて欲しい。」という要望が多くなって
いるようです。忙しいビジネスマンにとって何十枚もあるプレゼン資料を理解
するより、全体を俯瞰したいということですね。

●何十枚もあるプレゼン資料をA4×1枚に納めるにはかなりの削減が必要です
よね?しかし、A3ならなんとかなりそうです。

●PowerPointは、プレゼンテーション専用のツールですが、図形ツールとして
の側面も持っています。そのため、A4でしか作成できない、というツールでは
なく、A3でもちゃんと作成できますし、印刷もできます。

●A3の設定手順は以下の通りです。
[ファイル]→[ページ設定]→[スライドのサイズ指定]→[A3 297×420mm]を
選択します。
もし、「A3 297×420mm」が選択されていない場合は、標準で使用するプリ
ンタがA3印刷に対応していない可能性があります。そういう場合は、
1.A3印刷対応のプリンタを選択する。
2.ページ設定はA3としA4で縮小印刷する。(文字が小さくなりますが)
という対応をとることで大丈夫です。

 「2.」の場合、ページ設定でA3 297×420mmが選択できない訳ですから、
ここは強制的に、ページ設定をA3サイズに指定する必要があります。

●設定方法は以下です。
[ファイル]→[ページ設定]→[ユーザー設定]→[幅 29.7cm]→[高さ 42.0cm]
→[印刷の向き 横]
を選択すればOKです。
画面上は、A4とA3でほとんど変わりませんが、実際は、ページ設定がA3サイ
ズになっています。

●それと、もう一つ注意が必要なのが、このまま印刷してしまうとほとんどの
場合、どういう訳か、A3用紙から文字や図形がはみ出してしまうのです。これ
を回避するためには、印刷する際、以下の手順で実施します。
[ファイル]→[印刷]→[用紙サイズに合わせて印刷する]をチェックする。

これで文字がはみ出さずにちゃんと印刷されます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3.相互広告募集中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネス系メルマガを発行の方、相互広告しませんか?

 ”実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座”では
随時メールマガジンの相互広告を募集しています。
相互広告を希望するジャンルは、「ビジネス一般」、「教育」です。
ご希望の方は、wataru@nakeru-p.com までメールください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4.編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<編集後記>

 「今頃?」と言われそうですが...
ネット証券の口座を開設しました。色々、勉強して、やり方は分かったの
ですが、いざ買うとなるとどの銘柄にするか、とても迷いますね。
自分が「あの会社、伸びるのでは?」と思っている会社の株価が下落傾向に
あったりすると、「なんか違うなー」と思い留まります。

皆さん、何かよい情報があれば教えてください!!
ココまで→wataru@nakeru-p.com

───────────────────────────────────
バックナンバーの閲覧、購読登録・解除、ご意見・ご感想
───────────────────────────────────
□”実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座”のバックナンバーは、
http://www.nakeru-p.com/melmag_bkno.html

□”実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座”の購読登録・解除は、
http://www.nakeru-p.com/melmag.html

□”実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座”では、幅広くご意見・
ご感想をお待ちしております。ご質問・ご意見はこちらまで。
http://www.nakeru-p.com/other_question.html

───────────────────────────────────
発行元
───────────────────────────────────
□発行元:実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座
□担 当:杉田恭一(ナケルワタル)
□e-Mail:wataru@nakeru-p.com
□URL :http://www.nakeru-p.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メルマガは転送はOKです。良かったら知人の方やお友達にご紹介ください。
ただ、その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。

注意:MS-OfficeXP、パワーポイント(PowerPoint)、MS-Word、MS-Excelは、
Microsoft Corporationの登録商標です。

泣ける!!プレゼンテーションへの8つのステップ