お問い合わせ業務提携メールアドレス変更・削除プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表記 会社概要サイトマップ
メールマガジン(実践的プレゼンの『コツ』講座 No.066号)

■9月発売延期のプレゼン本、

なんとか時間を作って頑張っています。(^^;)
それにしても本を書くのって孤独な戦いです。
がんばります!!

━━殿堂入り━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

───────────────────────────────  
実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座 No.066号     
───────────────────────────────  
−プレゼンテーションとPowerPointのコツを学べるメールマガジン−  

購読者数7212名  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今やビジネスマンにとって必要不可欠となった「プレゼンテーション」を成功
させるためには、多くの『コツ』があります。
1.どのようにプレゼン資料を準備するのか?
2.PowerPointでどのように作成するのか?
3.発表方法は?
筆者が10年の経験から学んだ、より実践的で、より最適なプレゼンテーション
方法を伝える”殿堂入り”メールマガジンです。
なお、本メルマガの内容は、以下のサイトで書ききれない、より詳細なスキル
をお伝えするものです。全体像は以下のサイトをご覧下さい。
http://www.nakeru-p.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1.プレゼン資料準備の『コツ』・・・いやらしい?いや、戦略です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<前回のまとめ>
「プレゼンを実施する際、有益な情報を提供してくれるサイトを抱えておくと
便利である。シンクタンク、リサーチ情報、日経BPなどがお勧めです。また
日本経済新聞も押さえておきましょう。」
という内容でした。

●W杯の日本代表は、残念でしたね。
反省があったのか、なかったのか分りませんが、次の代表監督が決まったよう
なので、今後に期待しましょう。
ところでサッカーで勝つためには戦略が重要なようですが、プレゼンでも戦略
が重要なのをご存知でしょうか?

●プレゼンの戦略とは自分の思いを聞き手に納得してもらうための工夫です。
単純に自分の言いたいことを並べるだけではうまくいかないことも多いもので
す。その場合、聞き手に納得してもらうために戦略的な工夫が必要なのです。
その代表的な例をいくつかご紹介します。

●1.悪い情報は先に出す
プレゼンは必ず最後は希望を与えて終了すべきです。例えば、決算報告の際、
会社の業績が悪いときは来期は改善の見通しを示す必要があります。その場合
構成の流れは悪い情報を先に出しましょう。
そして最後に希望的な見通しを出すことです。これにより今後の展開が輝いて
見えるという効果が期待できます。

●2.無理な課題を先に出す
プレゼンは一つの交渉術です。そのため自分たちの提案が通りそうにないなら
最初に無理な課題を提示するという方法も効果的です。例えば、政府関係者が
消費税3%を導入したいと思った場合、最初から3%と発表すると反対される
可能性が高いため、最初は「15%を想定している」などとぶち上げます。

その後反対意見が出されたら「さまざまな調整をして3%で抑えたい」と説明
します。すると「それぐらいなら大丈夫だろう」と反対派の矛が納まります。
正直な人にはいやらしく聞こえるかもしれませんが、これは古典的な交渉術な
のです。これと同じような手法として、最初の方のページで無理な課題を敢え
て提示し、最後の方に改善案を提示しましょう。

●3.選択案は、複数出す
主に製品やサービス提案を行う場合、複数の案を提示するのも効果的です。例
えば、携帯電話の契約形態は1つではありません。顧客が自由に選択できるよ
うに設定されています。複数提示することで顧客が選択することができます。
ここが重要なのです。案が1つしかないと押し付けになりますが複数提示する
ことで顧客がプレゼンに参加することになるからです。

しかし、単純に複数案を並べるのではなく、あくまで比較対象として複数案を
提示しておき、自分が意図する案は、さりげなく輝かせておくのです。

●このように情報を提示する際、正直に真正面から提示するのではなく、戦略
的に様々な工夫を施すのです。
「1.」や「2.」では、敢えて聞き手の感情を揺さぶり、提案内容がバラ色
に見えるようにするのです。「3.」は敢えて複数案を出して意図する案の良
さをアピールするのです。提案は、通そうとしない限り通らないものです。
知恵を絞りましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2.PowerPoint修得の『コツ』・・・・PDFファイルへの保存
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<前回のまとめ>
「パワーポイントをもっていない人にパワーポイントファイルを見せる方法が
あります。それが『Webページ保存』です。*.htmファイルに保存できるので
ブラウザで参照できます。ただ、本当に使うだろうか?」
という内容でした。

●前回に続いて、パワーポイントをもっていない人へパワーポイントファイル
をどのように見せるのか?についてお伝えします。
前回は、Webページ、つまりhtmlファイルに保存する方法でした。
そして前々回は、PowerPoint Viewer 2003でした。

●今回は、最もポピュラーな方法と思われる「PDFファイルへの保存」です。
PDFファイルは、皆さん、ご存知だと思いますがAdobeの AcrobatReaderで読み
込めるファイル形式です。これなら相手がパワーポイントを持っていなくても
内容を確認することが可能です。
ただ、相手が AcrobatReaderを持っている必要がありますが...

●しかし、 AcrobatReaderは無料で配付されていますし、これをもっていない
人も少ないのでは?と想像します。ちなみに AcrobatReaderは、以下からダウ
ンロードできます。
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html

●それで、パワーポイントから PDFファイルへの変換ツールというのはいくつ
かありますが、無料で提供されているツールがあります。
それが「クセロPDF」です。こちらも以下からダウンロードできます。
⇒http://tinyurl.com/bbsax

●クセロPDFでのPDFファイルの変換手順は以下の通りです。
1.クセロPDFをダウンロードして、ユーザ登録します。(無料)
2.自分のパソコンにクセロPDFをインストールします。
3.パワーポイントのファイルをオープンします。
4.[ファイル]→[印刷]→[クセロPDF]を選択します。
5.PDFファイルを保存します。

●これだけです。
注意が必要なのは、ファイル保存ではなく[印刷]ボタンを押してファイル出力
するという点です。慣れないと不思議な感じです。これだけでパワーポイント
ファイルをPDFファイルへ自動変換してくれます。

●PDF ファイルへの変換は、様々なシーンで必要になるので、プレゼンやパワ
ーポイントに限らず、インストールしておくことをお勧めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3.お薦めのメルマガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サラリーマン時代から愛読し続けているメールマガジンです。
海外のビジネスの最新動向を毎週、届けてくれます。
有料(500円/月)なのですが、アンテナが敏感な人にはお勧めです。

■ジャパン・ビジネス・ニュース(JNEWS)
http://www.jnews.com/

 <記事の例>
・米M&A市場から学ぶ中小企業の価値
・企業を脅かす有償ボランティアの影響力
・メール接客術と返信代行業の可能性
・知識と発想を売り物とする料理研究家
・セカンドオピニオンによる助言業務

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4.相互広告募集中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビジネス系メルマガを発行の方、相互広告しませんか?

”実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座”では
随時メールマガジンの相互広告を募集しています。
相互広告を希望するジャンルは、「ビジネス一般」、「教育」です。
ご希望の方は、wataru@nakeru-p.com までメールください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5.編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中田選手が現役を引退するニュースが流れました。
とても残念ですね。

9年前のジョホールバルで最後まで走っていたのは中田選手でしたが、
今回も、最後まで走っていました。
あの姿がもう見れないと思うと寂しい限りですね。

───────────────────────────────────
バックナンバーの閲覧、購読登録・解除、ご意見・ご感想
───────────────────────────────────
□”実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座”のバックナンバーは、
http://www.nakeru-p.com/melmag_bkno.html

□”実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座”の購読登録・解除は、
http://www.nakeru-p.com/melmag.html

□”実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座”では、幅広くご意見・
ご感想をお待ちしております。ご質問・ご意見はこちらまで。
http://www.nakeru-p.com/other_question.html

───────────────────────────────────
発行元
───────────────────────────────────
□発行元:実践的!!プレゼンテーションの『コツ』講座
□担 当:杉田恭一(ナケルワタル)
□e-Mail:wataru@nakeru-p.com
□URL :http://www.nakeru-p.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メルマガは転送はOKです。良かったら知人の方やお友達にご紹介ください。
ただ、その際は、全文を改変せずに転送・回覧ください。

注意:MS-OfficeXP、パワーポイント(PowerPoint)、MS-Word、MS-Excelは、
Microsoft Corporationの登録商標です。

泣ける!!プレゼンテーションへの8つのステップ